ペットが肝臓病にかかる前に飼い主がするべきこと

ドッグ

プードルは人気の犬種です

プードル

様々な種類があります

現在の日本国内では、哺乳類から爬虫類まで様々な動物がペットとして一般家庭で飼われています。犬は、伝統的に非常に人気の高いペットです。そのなかでも、プードルは広く飼育されている犬種の一つです。ただし、プードルと言っても、様々な種類があります。代表的な事例が、ティーカッププードルとトイプードルです。ティーカッププードルは、名称の通りにティーカップに入る程の大きさから名付けられたプードルです。品種改良が精力的に行われている犬種のなかで、ティーカッププードルは現存する最も小さなプードルです。トイプードルも、決して大きな犬種ではありません。しかし、玩具程度の大きさという名前が示す通り、トイプードルの体高は最大で20cm程度が目安です。したがって、更に小さなサイズが、ティーカッププードルです。また、トイプードルは1940年代に作り出された犬種ですが、ティーカッププードルは2000年代に入ってから現れました。そのため、犬種としての歴史に大きな開きがある点も、違います。性格や容姿等は基本的にプードルの性質を受け継いでいるので、大差はありません。ただし、大きい分、トイプードルの方が丈夫です。つまり、両者の基本的な違いは、大きさです。それを示すように犬種の登録を行っている公式団体等で、ティーカッププードルはトイプードルの一種として登録されています。したがって、知識がなければ幼犬の段階で区別がつきにくい点には、注意が必要です。