ペットが肝臓病にかかる前に飼い主がするべきこと

ドッグ

飼い主との主従関係が大切

ドッグ

しつけ教室の活用が有用

犬のしつけの基礎は、飼い主との主従関係です。犬は、本来は群れで行動する動物です。そして、群れの中で力による上下関係を形成して生活をします。よって、犬のしつけは、この本能を利用して行います。犬は、自分より力が強いと認めた場合は、素直に指示に従います。逆に、自分の方が立場が上だと認識すると、まったく言うことを聞きません。その結果、激しく吠え立てたり、人に噛みつくこともあります。そこで、飼い主は、常に自分が優位である事実を示す必要があります。そして、飼い主を上位と認識した明確な主従関係を形成します。その具体的な行動例の一つとして、散歩の際には犬より先に歩くルールが挙げられます。犬が飼い主より前に出たら、リードを引っ張ったり声掛けをして行動をたしなめます。また、遊びの最後には飼い主が勝つようにします。そうすれば、飼い主を「かなわない相手」とみなして自分のボスであると意識付けがされていきます。もし、犬のしつけが思うようにできないならば、しつけ教室を活用します。犬のしつけ教室は、ペットショップや動物病院で定期的に開催されています。そこでは、犬の行動や考え方を周知しているドッグトレーナーから効果的なしつけ方やアドバイスを受けられます。そのうえ、購入先のペットホテルなら、アフターフォローとして無料で受講できるケースもあります。この場合、犬の購入を検討している人も参加可能です。さらに、動物病院が主催する際は、医師による健康診断も可能です。