ペットが肝臓病にかかる前に飼い主がするべきこと

飼い主とぺット

プードルは人気の犬種です

日本では、様々なペットが一般家庭で飼育されています。プードルは、非常に人気の高い犬種の一つです。プードルには様々な種類があり、ティーカッププードルとトイプードルはサイズが全く違う一方で性格や容姿に基本的な違いはありません。

餌

最適な商品が見つかります

最近は犬種や体形、年齢に合わせた様々なドッグフードが発売されており、通販サイトから楽に購入することができます。ドッグフードの通販サイトでは定期コースも用意されているので、便利にお得に利用していきましょう。

ドッグ

飼い主との主従関係が大切

犬のしつけの基礎は、犬との主従関係を形成することが大切です。それは、常に飼い主を犬より上の地位の相手と認識させて、指示に従うようにすることです。もし、犬をうまくしつけられない場合は、しつけ教室の活用が有効です。

コントロールがメイン

動物病院

長時間の点滴による治療も

ペットの病気は、早期に気付くことが難しい病気があります。また、同じ病気であっても犬と猫では症状のあらわれ方に違いがあることもあるのです。ペットも肝臓病になることがあります。犬の肝臓病の症状や、治療費などについて説明していきます。ペットだけではなく人間にも言えることですが、肝臓病は初期症状が強く出ることがあまりありません。食欲不振、体重減少、嘔吐、おしっこの回数が増えるなどがあります。他の病気と症状が重なるため、肝臓病であるのかどうかは、血液検査をして判断します。肝臓病は、慢性や急性、また原因によって治療方法が変わります。多いのが慢性の肝臓病です。治療は、点滴をすることが多いです。嘔吐と脱水がある場合は、入院をして24時間輸液を行う治療をします。点滴には、抗生剤や強肝剤などの薬を使用します。この治療が即効性があるとされています。肝臓病になると、完全に完治することは難しく、薬を飲み続けたり食事療法で進行を遅らせたり、症状を抑えることがメインとなります。治療費は、病院によって差があり、点滴は約5000円、入院は2000円から1万円以上かかります。体に負担をかけない専用のフードは病院で購入することが多く、その費用も掛かります。症状が良くなったり悪くなったりするため、通院をすることもあります。ペットの肝臓病は症状によって治療費が高額になることもあります。また、肝臓病と診断された後は、症状がひどくならないようにコントロールしていくことが大切になります。